So-net無料ブログ作成

中学受験6年生親の心理状態 [中学受験]

今朝は窓の外は真っ白。
昨日の予想通り外は雪が積もっていました。

娘は、雪だ!と嬉しそうに支度します。
行くときに友達と雪合戦したり
雪だるまを作って遊ぶ支度です。

雪.png

スキー用の手袋、タオル、
濡れたときのための着替え一式。

受験生、風邪ひかないようにね!と言って送り出しました。

一方センター試験を昨日終えた息子は、
「雪で滑らない様に」ボソッと言いながら、
学校に行きましたよ!

私は、雪で滑らない様に
苦手な雪かきを一生懸命やりました。

明日は全身筋肉痛だろうな~。(汗)

「雪」への印象が年々変わるのは
私だけでしょうか?


さて、週末に、埼玉の浦和の学校から
合格をもらったというお友達の喜びの声を
聞いて帰ってきた娘。

ちょっとうらやましいんじゃない?
と聞いてみたら、「うん」

『でも、いろんな学校受けるには、
いろんな学校の過去問やらなきゃいけないし、
行きたい学校ならいいけど…。
そうじゃないなら、やる気にならない!』
と娘は言ってました。

この数日の娘は過去問をやったら、もう終わり。

テレビを見て爆笑してたり、
友達とLINEでおしゃべりしたり…。

あまりにくつろいでいる姿を見て、
親として何か言っておくべきなのか?

見てみぬふりをするべきなのか…。

ちょっとわからなくなってました。

で、昨日の夜、ママの考えだから
あなたがどう思うかわからないけど、
聞いてくれる?と前置きをして
私の考えを言ってみました。

みんなは、あなたがこうやって
テレビで爆笑している間も志望校の合格ラインに
届くように必死で勉強しているよね?
歴史の勉強かもしれないし、
苦手な物理の浮力の勉強かもしれない。

合格ラインにまだ届いていない人が
合格したいと思って勉強すると、何倍もの力が出て
すごい力で学力アップするんだよ!

だから、あなたの焦らない所は
すごいと感心しちゃうけど、
もしかしたら一生懸命最後まであきらめずに
ダッシュしてきた人に抜かされてしまう事だって
あることを覚えておいてね。

あと、2週間で終わるわけじゃない?

あなたがこの受験をしようと決めて
「塾に頼らず勉強したこと、間違ってなかったね。」
と笑っていられるように
あなたも少しだけ考えてね。

娘は私の言葉をどのように感じたかは
わかりませんが、今まで使っていた参考書を
引っ張り出し、志望校で文化祭の時に買ったノートに
理科の人体の所を図と共に書き込んでいました。

親としては、
悔いを残さず頑張って欲しいですよね。

あと2週間、一日一日を大切に!

我が家の娘は6年間こちらの通信教育だけで
中学受験を成功させました!
 ↓ ↓ ↓




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。