So-net無料ブログ作成
検索選択

中学受験いよいよ本番です!桜咲きました! [中学受験]

■試験会場へは満員電車にゆられながら・・・

朝、7時10分の電車に乗りました。
通勤のサラリーマンがドンドン乗ってくる
ギューギュー詰めの電車。
幸いなことに座れたので良かったですが、
立っていたら、息もできない位の混雑でした!

電車通学は、大変だなと改めて思いました。
まだ、受かっていないけど、
気持ちは通っている姿を想像して…。

学校へは予定時間より20分も早く
7時40分に着きました。

娘は、「1番乗りかも!」って・・・。

私は「どんな時でも上には上がいるから
たくさん来てるんじゃない?」と娘に言ってる途中で
駅にはゾロゾロNバッグや四谷大塚のバッグを背負う
親子連れ。。。

大講堂にはすでに100名以上はいた感じでした。
「ネッ、いっぱいいたでしょ?」と・・・。

結局予定時間より10分早く子供達は教室
誘導されていきました。

今日は昨日こわしたお腹の調子も良くなり
5時起きしてとんかつサンドを食べ、
あとは、得意な単元がたくさん出ることを
祈るばかり。。。と言ってた娘。

テレビのあの光景が・・・

学校の玄関口では塾の先生がずら―っと並び激励を
受ける子供達の姿を横目で見ながら
これが、「テレビで見るあれね」
「わたしはママがいるから大丈夫!」と言ってくれました!

本当はちょっとうらやましかったのかも…。

何人ぐらいいただろう?50人ぐらいかな?
塾の旗みんな持って、先生たちも大変だったと
思います。
みんな同じような背で、マスクしているので
探すの大変!!
塾の先生たち、キョロキョロしていましたから…。

今日は外がものすごく寒かったので、
私はタートルネックを着て行ってしまいましたが…
電車の中がものすごく暖房が効いていたので、
ちょっと気持ち悪くなりました!

温度差があるので、タートルネックは着ない方が
いいかもしれません!
ネックウォ―マーで調節したほうがベターです。

■待合室で試験問題の解説

子供達が試験をやっている間、親は待合室で
待つのですが、娘の志望校では15分遅れで
試験科目の解説してくれます。
試験問題が配られ、教科の先生が解説を言ってくれるので、
書き込んだり、算数の図形等や解き方を
画像で映し出してくれているものは、写メを撮っていました。
講堂がパシャパシャという音で響き渡っていました。

解説を配ってはくれないので、
親として2日目や3日目に同じ学校を受けるとしたら、
×直しをするためにも、答えだけでは解けない問題もあります。
入念な解説をうつしてあげることが大事です。

■付き添いは、お母さんが多いです。

10人に1人くらいは、お父さんのみの付き添い。
その他のお父さんは、お母さんと一緒。
つまりご夫婦での付き添いという感じです。

うちの主人も昨日の夜から何通メールをしてきたことか・・・。

離れていると、余計に心配になるんでしょうね。
きっと会社が休めたら・・・
飛行機で飛んできたい、そんな勢いでしたから・・・。

ちなみに息子の時は、1週間会社を休んで
ずっと付き添ってくれていました!
娘が幼稚園だったのでね。

なので、私は付き添い初体験!

いろいろな事が新鮮だし、ドキドキ感も久しぶりに
味わってます。

■待合室でみんなは何しているの?

解説をしていない時は、基本的にスマホをいじっている人が
多かったです。次に、本を読んでいたり、
お茶を飲む人も…。寝ている人もいましたね。

3時間もあるので、私は本を読んでいました。


■解説聞きながら感じた事

私は5年生からは一切、娘がやっている勉強の内容を
把握していませんでした。
つまり、どんな単元を勉強しているのかは知っていますが、
どんな難易度なのか、解いていないので
把握していなかったのです。

解説を聞いてみると、基礎だけでは解けない、
ただ暗記しているだけでは解けない問題が多く、
たくさんの知識をフル活用して導き出さないと
答えまで行きつけない内容に驚くとともに、
解説聞きたくないなぁ~と思ってしまいました。

寒気がするほど、「こんな問題解けるの?」という問題の
オンパレードだったのです。

私が受けたわけでもないのに、自信喪失していく
自分がいました。


■試験が終わって娘の一言が・・・

「国語がまったくできなかった!」
ちょっと聞き直してしまうほど
ショッキングな言葉を耳にしました。

というのも、娘は国語が得意なので、
いつもは初見の問題でも1,2問しか間違わないのです。
なのに、今回は点数が取れた感触がない!
しかも、時間が余らなかったと・・・。
最も嫌いな分野の話で、いつも大好きな物語文も
なぜか面白い内容ではなかったとか。。。


今までこんなに落ち込む事がなかったので・・
帰りの電車は、無口に…。
何て声かけていいのか?分かりませんでした!
ただ、二人して疲れた~を連発しているくらいで・・・。

変に励ますのもね。
明日頑張ろう!といっても・・・
また、似たような国語の話題だったら、終わる!!

楽観主義な私のせいかもしれない!!
このまま受からなかったら…
心配のあまりそんなことまで考えてしまいました。


弱気になると、
後ろ向きになってしまうものですね。
すべり止め、必要だったかな?なんて考えていましたから…。


■家についても元気ない

問題用紙を見ながら点数を付けていくときも
ため息ばかり!全然前に進みません。

このままやる気失ってしまったら…
どうしよう?

なんとかモチベーションあげなくちゃ!!

夜、ネットに出てくる解説をチェックしながら、
娘に大きな声で呼ばれたので「ナニ?」
って振り向いてみると、「合格者の受験番号が…。」

あんなに見ちゃダメよ~と言っていたのに・・・
見てしまっていました!!!

結果は・・・ 「合格」

娘はものすごく喜んでいました。
私も、嬉しくて涙が出て来ちゃいました。

落ち込んでいたから・・・
もう、落ちると思っていたから…
こんなにうれしく感じることはないかもしれない
っていうぐらい、嬉しかったです。

もしかしたら・・・「ビリ合格かも・・・。」
と娘は恥ずかしそう!

「そんなのいいわよ!合格には間違いないしね。」
と私は言いました。

塾なしでも合格勝ち取ることができました。
最後はドキドキしましたけど・・・
「合格」もらえれば、
それも笑える話になっちゃいますからね。

まだ、これから試験が何日か続く方も
多いと思います。

娘さんの「志望校に絶対に入るんだ」
という強い気持ちを大事にしてあげて下さいね。


我が家の娘は6年間こちらの通信教育だけで
中学受験を成功させました!
 ↓ ↓ ↓















nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。