So-net無料ブログ作成

秋冬限定 世界の絶景スポット [旅行]

今日は、涼しいですね。

夏も知らない間に終わって、
そろそろ秋の行楽シーズン到来です!

今日から小学生の娘は、宿泊体験学習で、
日光に行きました。

あいにくの雨で、それも3日間すべて、雨予報!
受験勉強の合間の最後の楽しみだったみたいなのに…

なかなか天気の神様は、ほほ笑んでくれないようです。

さて、世界にも、この時期限定で、どこにも負けない
素敵な思い出を私たちに与えてくれる場所があるらしいのです。
時間とお金に余裕があったら・・・
ぜひぜひ行ってみてくださいね。
画像見てたら…
行きたくなっちゃいました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いましか見られない!この秋冬に行くべき「世界の絶景スポット」3つ

旅は、時に人生に大きな影響を与えてくれるもの。

特に海外旅行は、日本では見ることができない
景色や文化などに触れ合うことで、
自分に向き合う時間を与えてくれたり、
価値観の幅を広げてくれたりもするでしょう。

そこで今回は、この秋冬オススメの
「今しか見ることができない海外の絶景スポット3つ」を紹介します。

ニュンベルク.jpg

■その1:「ニュルンベルク」

ドイツ・バイエルン地方の第二の都市であるニュルンベルク
ここはドイツの3大クリスマスマーケットの一つが開かれる場所であり、
世界一有名なクリスマスマーケットでもあります。

北の空から満点の星が輝き出し、
日本では決して見ることができないようなロマンチックな雰囲気が漂う、
まるで絵画のような美しい街並みは、
これからのクリスマスシーズン限定で楽しめる風景ですよ。

ラップランド.jpg

■その2:「ラップランド」

年間を通じて、200日以上もオーロラが出現するという
フィンランドのラップランド。実はここは、
サンタクロースが住んでいるとも言われている場所なのです。
オーロラが見ることができる確率が世界一との説もあり、
11月~3月くらいがオススメの時期。
これからの秋冬に行くのには最適の地です。

image3.jpg

■その3:「ウユニ塩湖」

ボリビア西部にある都市ウユニにある、
広大な塩の大地「ウユニ塩湖」。一面に真っ白な塩が広がる光景は、
死ぬまでに行きたい絶景スポットとして、
今一番注目を集めている場所でもあります。

特に、11月~4月の雨季は、空を湖面に映し出す神秘的な絶景
「天空の鏡」が現れるチャンスがあるので、
秋冬に訪れた方が楽しみは多そうです。

旅は多くの刺激を与えてくれるもの。この秋冬には、
日本では見ることができないような“いまだけの絶景”
に触れてみるのもいいのではないでしょうか。
出典:ケアイズム
http://nikkancareism.jp/archives/67322

私は、オーロラが見たいので、
「ラップランド」に行きたいです。

子供達の受験が終わったら…
ご褒美に行きたいと思います。

なので、来年まで・・・おあずけです!

あなたは、どこか行きたい所・・・ありますか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シルバーウィークは、LCCで旅行?LCCの注意点3つ [旅行]

夏休みも終わり、
夏の疲れがどっと出てきてしまいそうな
今日、この頃です。

あなたは、シルバーウィークにどこか行く予定でしょうか?

格安航空券で海外に行く方は、要注意ですよ!

安いという裏には…
やはり気を付けなくてはならないことが隠されていますからね。

でも、そのポイントさえクリアすれば、
気軽に安く海外に行けちゃうので…
きちんと頭に入れて、LCC(格安航空会社)は使うようにしましょう!
------------------------------------
hand-painted-woman-with-a-suitcase_23-2147518625.jpg

レジャーの秋は要注意!LCCを利用するときの注意点3つ
秋といえばレジャーの秋! 
今年はシルバーウィークで5連休という人も多いのでは?
 旅行や遠出の旅費を節約するには、LCCや夜行バスなどが便利ですが、
使い方を間違うと意外と高くついてしまうことも……。

そこで今回は、LCC(格安航空会社)を利用するときの注意点をご紹介します。

travel-luggage_23-2147508875.jpg

■1:手荷物の手数料が高い

航空券が安い分、サービスの多くはオプションとして手数料がかかります。
通常の航空会社では、航空券の料金内で預かってくれる
手荷物の重量制限が厳しく、1,000円~5,000円ほどの手数料が
かかることがあります。

また、機内食や飲み物、毛布や枕の貸し出しなども
有料になることが。充実した機内サービスを求めるなら、
通常の航空会社とどちらが安くなるか、あらかじめチェックしておきましょう。

■2:欠航への対応が限定的

この時期は台風などで飛行機は欠航することも。
そんなときの対応も、通常の航空会社とLCCでは違います。

フライトが欠航した時、航空会社では同一区間の別便への
変更か払い戻しをしてくれます。通常の航空会社では、
これに加えて、機材の故障など航空会社側の理由で欠航するときには
他社便などに変更できることがあります。欠航により、
空港近くで宿泊しなければならなくなったら、
ホテル代を補償してくれることもあります。
しかし、LCCではこのような対応は原則として行っていません。

■3:チェックインに遅れると手数料がかかる

LCCでは、コスト削減のためにウェブや自動チェックイン機を
使ったチェックインシステムを勧めています。
有人カウンターもありますが、利用手数料がかかるところも。
また、チェックインの締め切り時刻も厳しく、
期限を過ぎると遅延料をとられるところもあります。

余裕を持ったスケジュールを組んでおかないと、
思わぬ出費になるかもしれませんね。

以上3つ。割安なイメージが強いLCCですが、
しくみをよくわかっていないと思いのほか
高額になってしまうこともあります。
上手に利用して、レジャー費を抑えたいものですね。

出典:マイナビウーマン
http://woman.mynavi.jp/article/150902-45/

安さをとって、少し不便を我慢するか?

少し高くても安心を買うかの選択ですね?

ちなみに・・・

私は、小心者なので、ドキドキしちゃうから、
LCCは向いてないかも!

大学生の時なら好奇心旺盛だったので…
何でもOKでしたが、もうさすがに、安心を選びたいですね。

あなたは、冒険派?
それとも、安心派?
楽しいシルバーウィークになるといいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宮崎県小林市のPR動画がおもしろい! [旅行]

ネットで話題のおもしろい動画をみつけました。

自然豊かな宮崎県小林市のPR動画なのですが・・・

フランス人が、方言話してて、
絶対2度見る!と言う言葉に
私は3度見てしまいました。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小林市の「絶対二度見る!」PR動画


「不思議なことだらけ」の小林市はPRの動画も不思議?

宮崎県小林市が制作した、移住促進PR動画が面白い
とネット上で話題になっている。

小林市は、宮崎県の南西部に位置する人口4万6000人あまりの市
。霧島山をはじめとする山々に囲まれた同市は、
霧島連山から湧き出す清水や、風光明媚な田園風景が魅力の街で
旧・環境庁が主催したスターウォッチングコンテストで
「星のふるさと日本一」に5回も選ばれている。

話題となっているのは、YouTubeで公開されている
移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」だ。
この動画は、“遠くフランスから来た私”という外国人男性が、

「これほど広大な森林を持ちながら、名前は“小”林市」
「この町では蛇口から天然水が出るのだ」
「なのにペットボトルの水も売っている」
「日本一の星の下になぜかプラネタリウムまで…」
「星好きすぎだろッ!」

といった具合に小林市の魅力を語っているというもの。
しかし、フランス人と思われる男性の言葉に関して、
“オチ”の部分で衝撃的な事実が判明し…というネタが仕掛けられている。
ツイッターには、

「はいはい、爆笑ってついてるやつほどつまらんの法則ね
と思ったらコレは面白かった」
「こ、こりゃあすんげえ」
「これはまいったw」
「ww絶対、2度見るわ。W」
「3回見た。。。」

と、絶賛の声が上がっている。

小林市は急激な過疎化と高齢化対策として、
「てなんど小林プロジェクト」
(てなんど=地元の西諸弁で「一緒に」という意味の
「てなむ」と、地域資源のブランド化をしたいという思いの
「ブランド」をつなぎ合わせた造語)を展開しており、
動画は小林市出身で電通に在籍するクリエーティブディレクター
/コミュニケーションプランナーが中心となって作成したものだという。
動画を見た人からは、

「行ってみよかなー」
「良いところですね」

といったコメントも寄せられており、
センスの良いPR動画は、ネットユーザーの興味を集めている。

https://www.youtube.com/watch?v=jrAS3MDxCeA
宮崎県小林市 移住促進PRムービー“ンダモシタン小林”-Youtube

出典:リクルート
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150902-00044577-r25&c=04

ぜひ見てくださいね。

ちょっと笑えます。

フランス語と西諸弁が妙にマッチしてますよね?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

行ってみたいな!「日本で最も美しい村」 [旅行]

ウピコです。

私は、海外旅行が大好きなので、
日本を旅行するなんてまだ先の事だと
考えていたのですが…
素敵な村が日本にもあることが分かったので、
あなたにもシェアしますね♪


日本で最も美しい村」村7選 旅したい心がやすらぐ、
日本の原風景がここに  国内旅行村

旅行がしたい。でも忙しく観光して疲れてしまうのはちょっと。
なんて時におすすめしたいのが、日本国内の村でゆっくりすること。
ここでは、NPO法人「日本でも最も美しい村」に
加盟している村を7つほどご紹介。
次の旅行の参考にしていただければ幸いです。
1、美瑛町 (北海道)
11374103_404761589709466_1330295079_n.jpg

美瑛町は、北海道内第2の都市「旭川市」と
ドラマ「北の国から」などで知られる「富良野市」との間にあります。
小麦や馬鈴薯などの農業の町で、「丘のまちびえい」の美しい景観で有名。

2、京極町 (北海道)
2.jpg

えぞ富士と呼ばれる羊蹄山のすそ野に広がる農村です。
湧き水が出るふきだし公園が観光名所。地名の由来は、
開拓を率いた旧讃岐丸亀藩主家の京極高徳からだそう。

3、鶴居村 (北海道)

3.jpg

鶴居村は名前の通り、特別天然記念物
「タンチョウ」(鶴)の住む村。
国内では現在1,000羽以上のタンチョウが確認されていますが、
その半数近くがこの村で確認されています。

4、南木曽町 (長野)
4.jpg

江戸時代ような町並みが美しい「妻籠宿」が有名。
長野県の南西部に位置する町で、長野県下の町では最も人口が少ない。
面積の約94%を森林が占めています。

5、松崎町 (静岡)
5.jpg              出典:yuichiro_yata

静岡県の伊豆半島南西部の海岸沿いに位置する町。
町内には史跡も多く、なまこ壁造りの建物が印象的。
また、桜餅に使われる塩漬けした桜の葉は、
全国の約7割がここで作られています。

6、伊根町 (京都)
6.jpg

丹後半島の北東部に位置。
海辺ぎりぎりに建ち並んでいる「舟屋」で知られています。
古代より大陸との交流が盛んな所で、
京の都と大陸との交易ルートにあたる。
現在は漁業と観光産業がメイン。

7、南小国町(熊本)
7.jpg

九州のほぼ中央、阿蘇外輪山のふもとにある町。
黒川温泉をはじめとする数多くの温泉地を有し、
九州最大の河川である筑後川の源流域でもあることから、
豊富な水資源と美しい自然に恵まれた農山村。

「その土地でなければ経験できない独自の景観や地域文化を持つ村」。
それがNPO法人「日本でも最も美しい村」に加盟する基準になっているそうです。
ここで紹介した以外にもたくさんの村や町が登録されているので、
そちらの方も是非参考にしてみてくださいね!
出典:grapee
貼り付け元 どうですか? 素敵な村のように見えますが… やはり、北海道は絵になる風景がたくさんあるんですね。 時間がある時に、ぶらっと行って、 心の洗濯してきたい感じの村ですね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

海外の有名スポットをちょっと離れた所から撮ってみた! [旅行]

ウピコです。

夏休みは、どこか旅行に行きましたか?
海外で過ごされた方も多いと思いますが…
有名なスポットも、撮影場所によっては
えっこんな所にあるの?
なんてこともあるようです。

行ってみないと、写真だけでは、イメージとは
違っているなんてこと日本でもありますよね?

そんなちょっと離れたところから見ると・・・
びっくりしちゃいそうな画像を見つけたので、
あなたにもシェアしますね。

ラシュモア山【アメリカ】
歴代大統領の顔が彫られた巨岩がシンボルのこの場所も…

2.jpg
                                出典:imgur
実際は、こんな感じ。
3.jpg
                                出典:imgur
ギザの大ピラミッド【エジプト】
エキゾチックな雰囲気漂うイメージですが…
4.jpg
                                出典:imgur

実際は、かなり市街地に近いんですね。
5.jpg
                                出典:imgur
サントリーニ島【ギリシャ】 
真っ白な建物と風景のコントラストが美しいサントリーニ島も…
1.jpg
                                出典:imgur

本当は、キレイな部分はちょっとだけ。
6.jpg
                                出典:imgur

どうですか?

なんだかがっかりしてしまう所もありますね?

自分の中でイメージが勝手に作られてしまうのですが、

あまりに違い過ぎると、
現地で「えっ」て事にならないように、
いろいろ調べる事も大事ですね。

出典:grapee
http://grapee.jp/77738/3
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

世界の名所モドキに行ってみよう! [旅行]

ウピコです。

夏の休暇はどこか旅行に行きますか?

まだ、何も決まってない!

なんていうあなたには・・・

海外ではないけど、

海外の有名観光地に行った気分になれるスポットの特集を

ネットで見つけましたので…

シェアしますね。



国内外の観光事情に詳しいジャパンガイド株式会社の

ステファン・シャウエッカーさんが

世界の観光名所を訪れたような気分になれる

イチ押しのスポットを紹介していました。

20150810-00044150-r25-001-2-thumb.jpg

1)「グランドキャニオン」モドキ

→日本キャニオン(青森県)

アメリカが誇る世界一有名な峡谷『グランドキャニオン』に

ちなんで命名されたという景勝地。


グランドキャニオンが赤茶色であるのに対し

日本キャニオンは白い岩肌と、若干見た目の違いはあるものの、

ゴツゴツとした岩が織りなすダイナミックな

自然美は本場と同様圧巻です!(ステファンさん、以下同)

20150810-00044150-r25-002-2-thumb.jpg

2)「ナイアガラの滝」モドキ

→吹割の滝(群馬県)

岩盤を浸食してできた高さ7m、幅30mにわたる

割れ目に落下する珍しい形状の滝です。


小規模ではありますが、ゴウゴウと

激しい音を立てて落下する様子は、

北アメリカにあるナイアガラの滝のよう。


眺めていると割れ目に吸い込まれていきそうな

不思議な感覚を味わえます

20150810-00044150-r25-003-2-thumb.jpg


3)「ヒエラポリス・パムッカレ」モドキ

→百枚皿(山口県)

地下100mに位置する日本有数の巨大鍾乳洞・秋芳洞(あきよしどう)の

内部にあるのが、『百枚皿』とよばれるリムストーン。


リムストーンとは、地下水がたまった部分に

石灰分が積もってできたもの。


じつは、国内外問わずいろいろな場所にあるのですが、

なかでも百枚皿は世界遺産に登録されているトルコの

『ヒエラポリス・パムッカレ』のリムストーンにそっくり!

段々畑のような整った造形美に感動します。


20150810-00044150-r25-004-2-thumb.jpg

4)「水の都・ベニス」モドキ

→新湊内川(富山県)

富山県屈指の河川である内川を中心とした新湊エリアは、

水辺の街として知られるベニスに雰囲気がとてもよく似ています。


かつて運河として人々の生活に根差していた河川には漁船が停泊し、

両岸には蔵や住宅が立ち並び、古き良き時代の面影を残しています。

観光船に乗って風光明媚な水辺の風景を堪能するのもおすすめです。


20150810-00044150-r25-005-2-thumb.jpg

5)「ポン・デュ・ガール」モドキ

→南禅寺水路閣(京都)

明治時代、琵琶湖から京都市内に水路を引く、

疏水(そすい)事業が行われました。


その一環で造られたのが南禅寺の境内にある全長約93mの水路橋。

花崗岩とレンガで作られた風格あるアーチ型の橋は、

フランスにある世界遺産の水道橋『ポン・デュ・ガール』のよう。


人間の英知によって作り上げられた構造の素晴らしさに

胸がアツくなると思います


出典:リクルート

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150810-00044150-r25


どうですか?

どこか行ってみたいところはありましたか?


ちなみに・・・

私は「吹割の滝」をお勧めします!


3回ほど行ったことがあるのですが・・・

激しい滝の音と、

見ていると吸い込まれそうな割れ目に・・・

非現実の世界に入り込んだような

不思議な感覚を味わえます。


忙しくて疲れている脳が

瞬時に活性化できる感じでいいですよ!


日本もたくさん、いいところがあるんですね?


私も時間を見つけて・・・

行ってみたいと思います!


あなたもどこか気に入った場所に行って

心と体のリフレッシュをしてくださいね(^^♪



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。