So-net無料ブログ作成
検索選択
年末行事 ブログトップ

年末の行事3つの意味を知ってますか? [年末行事]

今年も残すところ数日ですね。
主婦としては1年の内で一番忙しい日が
近づいてきます。
できることなら業者に頼んでゆっくりしたい!
大掃除をしなくちゃと思うと憂鬱な気持ちに
なっている人も少なくないと思います。

大掃除.jpg

そんな毎年当たり前のようにやっている
大掃除や年越しそばお正月飾りなど・・・



それぞれきちんと由来があるのを知っていますか?

もし、知らないよ~という方はきちっとした
由来を知ることでもしかしたらやる気が
出て来るかもしれませんよ!


★「大掃除」は歳神様へのおもてなし

古くから日本では新年に1年の幸せをもたらすために
歳神様が高い山から降りてくるのだと
考えられていました。

お正月にちなんだいろいろな風習は
歳神様から恩恵を授かるために始まった
とも考えられています。

また、大掃除の始まりとも言われ現在も
神事として神社などで行われている1年の
けがれを落とす行事「スス払い」も
清潔な家に年神様を招いて福をもたらす
「おもてなし」の心が根底にあるそうですよ。


★「年越しそば」で金運アップ

江戸時代に始まったと言われる
「年越しそば」を食べる習慣。
細くて長いそばを食べる事で、長寿を願う
という説が今では一般的です。


このほかにも金運をアップするという意味も
持っていたようです。

これは、金細工の職人が仕事場に
飛び散った金粉をそば粉に練り、
団子状にしたもので集めたことから
「そば」イコール「金を集める」という
演技を担いだ意味になったみたいです。

今まで、年越しそばが金運アップに
つながるなんて考えて食べていた人は
少ないと思いますが、ちょっと違った
意味合いを感じながら来年の金運アップを
願って食べるのもいいかもしれませんね。


★お正月飾りに最適な日ってあるの?

「門松」や「鏡餅」など、いわゆるお正月飾りにも
歳神様にちなんだ理由があります。



門松は歳神様が降りてくる際の目印とされ、
鏡餅は家の中にお迎えした歳神様の居場所
としています。

飾る日も、いつでもいいわけではなく
29日を「苦立て」、
31日を「一夜飾り」といい、どちらも
避けなくてはなりません。
なぜなら神様をお迎えするという誠意が
欠けているという理由からです。

門松を飾るのは、28日ごろを目安に
するといいそうですよ!


実は、3年位前、仕事で買い物する時間がなく
31日ギリギリにお正月飾りを買おうとしていたら、
年配の方に買わない方がいいですよ。
とお正月飾りの意味を丁寧に教わった記憶が
あります。

やはり、年末行事の意味を知っていると
毎年大変でもモチベーションを持ちながら
行事をこなすことができます。

あなたも年末行事の意味を再確認して
気持ち良く歳神様を迎えましょう!

出典:http://news.infoseek.co.jp/article/lbr_86638

ウピコ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
年末行事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。